へたくグラフィック Shade編

Shade下記の4つの形状を区別して理解しておく必要があります。
基本形状 円球形状 ソリッド形状 ポリゴンメッシュ
線形状
自由曲面

掃引体
回転体

これらの形状を組み合わせたり、形状を変換したりすると下記のような立体図形が描けます。
右側の「図形」のような図を描いて、「カメラ」「光源」「背景」「表面材質」などを設定するだけで、
影や光の反射などはShadeが計算してくれるので、左側の「3D」のように立体的になります。

3D 図形 shdファイル 3D 図形 shdファイル
001_3d.lzh 002_3d.lzh
003_3d.lzh 004_3d.lzh
005_3d.lzh 006_3d.lzh
007_3d.lzh 008_3d.lzh
009_3d.lzh      


この本ではShade8の
基本的な操作方法が
詳しく説明されています。

※「なか見!検索」で本の
内容が確認できます。

この本では上記のような
立体図形を描く場合の
テクニックが詳しく説明
されています。

※初版第1刷で誤記が
あったようです。
正誤表