ドラムを追加しよう。


へたくドラムはへたくソングで作成した曲にドラムパートを追加するアプリなので、へたくソングの「大きな古時計」を使ってドラムの入力方法を覚えよう


1.「大きな古時計」の読込
(1)アプリを起動するとメニュー画面がでます。
(2)上下方向キーでカーソルを「ソングのダウンロード 000」にあわせます。
※「ソングのダウンロード」はへたくソングの曲をダウンロードできます。
(3)左右方向キーで数字を 001 に変更して決定キーを押します。
(4)「この曲をダウンロードしますか?」と聞いてくるので「はい」を選んで決定キーを押します。
(5)曲のダウンロードを開始し、「処理中」の表示になります。
(6)「ダウンロード完了」「[曲名]大きな古時計」の表示になったら決定キーを押します。
(7)楽譜を表示するメイン画面になります。

2.カーソル操作
(8)ソフトキー2「メイン」を押すとメイン画面になります。
※基本的には「へたくソング」の画面のコード譜の部分がドラムの入力部分に置き換わったような画面構成になっています。
(9)上下方向キーを押すと赤いカーソルが上下に移動します。
※このとき「メロディ」「コード」「ドラム」の譜面に切り替わりますが、上部の真ん中に表示されています。
※「へたくドラム」では「メロディ」と「コード」の編集はできません。
(10)左右方向キーを押すとカーソルが左右に移動します。
(11)小節の一番右にあるときにカーソルを右に移動させると次の小節に移動します。
(12)小節の一番左にあるときにカーソルを左に移動させると前の小節に移動します。
(13)[*]を押しながら左右方向キーを押すと前後の小節に移動します。
(14)[*]を押しながら上下方向キーを押すと10小節づつ前後の小節に移動します。

3.ドラムの入力
(15)「ドラム」の譜面上にカーソルを移動します。
(16)四角いマークがないところにカーソルをあわせて決定キーを押すと、四角いマークが付いてドラムの音がします。
※1小節に入力できる音の数は32個です。
(17)[0]を押しながら上下方向キーを押すと強弱を変更できます。
(18)四角いマークにカーソルをあわせて決定キーを押すとマークが消えます。
(19)横軸は時間軸になっています。
(20)縦軸はドラムの音色が割り当てられているので縦に移動すると音色が変わります。
(21)音色の初期設定は上から順に下記のようになっています。
 [14] Crash Symbal 1
 [16] Ride Symbal 1
 [17] Chinese Symbal
 [11] Open Hi-hat
 [ 7] Closed Hi-hat
 [ 3] Snare 1
 [15] High Tom
 [10] Low Tom
 [ 8] High Floor Tom
 [ 9] Pedal Hi-hat
 [ 1] Bass Drum 1
 [21] Cowbell
 [32] High Agogo
 [34] Cabasa
 [41] High Wood Block
 [46] Open Triangle
(22)[#]を押しながら左右方向キーを押すと音色を変更できます。
(23)[#]を押しながら上下方向キーを押すとドラム全体の音量を変更できます。
(24)[#]を押しながらソフトキー1「保存」を押すとドラムの音色設定を保存できます。
(25)[#]を押しながらソフトキー2「読込」を押すと保存したドラムの音色設定を読み込むことができます。

5.グリッドの変更
(26)[*]を押しながらソフトキー2「Grid」を押すとグリッドの表示が変わります。
※グリッドは16分用と3連用の2種類あります。

6.音の確認
(27)[*]を押しながらソフトキー1「1再」を押すと現在の表示小節だけを演奏します。


次頁
前頁
戻る